作成者別アーカイブ: admin

2018W杯ドイツ代表 ユニフォーム ホームご紹介

今日は、サッカー強国ドイツ代表 ユニフォームを紹介したいです。年代順により、紹介します。まずは2018年ロシアワールドカップに着用ユニフォームです。

2018FIFAワールドカップ着用モデル

サプライヤー:Adidas

着用大会:2018ロシアワールドカップ

カラー:ホワイト × ブラック

ドイツ代表 ユニフォーム 2018 ホームは優勝した1990年W杯モデルに触発されたデザインで、当時は国旗カラーで描かれていた胸のストライプに2018年モデルではブラックとグレーを使用する。

ホワイト襟で、裏にはブラック、レッド、ゴールデン3色のインプリンティングが飾られて、ドイツ代表の3つW杯チャンピオン賞を思い出せます。

ドイツ代表 ユニフォーム2018 ホーム襟裏側にはチームニックネームドイツ語‘Die Mannschaft(チーム)’をプリントしています。メーカーロゴは刺繍して、エンブレムは織りワッペン縫い付け。基本となるクルーネック。

Adidas初めてClimachill技術をドイツ代表 ユニフォーム2018投入され、Climachill技術優れた恒温、メッシュ模様素材に搭載し、身体に爽やかとドライを保ちます。

ドイツ代表を応援する方は、ドイツ代表 ユニフォームを購入ほしいなら、ぜひこちらへ~Worldcup Uniformは日本国内W杯シリーズグッヅ通販専門店ですが、品質いい商品を提供して、10000円以上購入で、郵送無料になる。

W杯 2014 日本代表 ユニフォーム ホーム/アウェイ 半袖

今年のロシア・ワールドカップに向けの2018 日本代表 ユニフォームのテーマは「勝色」、では、ワールドカップ前大会、すなわち、2014年のブラジル・ワールドカップのごろ、2014 日本代表 ユニフォームのテーマはまだ覚えていましょう。

もちろん、あのごろのテーマは「円陣」ですよ。

では、今日は、一緒に2014年のブラジル・ワールドカップで日本代表の戦闘服を見ましょう。

2014 日本代表 ユニフォーム ホーム 半袖の特徴はこちら。

・カラーには伝統的な「ジャパンブルー」を採用して、袖口には流行のネオンカラー(蛍光色)を配している。

・背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされています。

・結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現。従来の赤よりも鮮やかな蛍光レッドが、ピッチでの選手の存在感をさらに高めます。

・左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現。

・協会エンブレム下の「JFAPAN」の文字とメーカーロゴは刺繍。

ワールドカップの開催国のブラジルカラー「イエロー」を全面に初採用!

アウェイで戦う日本代表チームを「開催国ブラジルの方々にも応援してほしい」という想いが込められた、この2014 日本代表 ユニフォーム アウェイ 半袖が誕生!

2014 日本代表 ユニフォーム アウェイ 半袖の特徴はこちら。

・カラーには史上初となる「蛍光イエロー」を採用。

・背中上部のネオンカラーの「結束の1本線」は選手がピッチ上で円陣を組んだ際、選手、サポーターの強い絆、と勝利への想いをこめた大きな1つの「輪」になるようにデザインされています。

・結束の1本線と両袖口の配されたネオンカラーはピッチ上での選手の存在感、強さを表現。

・左胸の協会エンブレムから伸びる11本のラインは円陣後戦いに向けピッチに散らばる選手を表現。

・左胸の日本国旗は歴代日本代表が実際に着用したユニフォームの生地を糸に織り込み刺繍で表現。2014W杯に向け日本代表の誇り、歴史を受け継いでいます。

各シーズンの日本代表 ユニフォームのデザインなどにご深い興味があれば、是非こちらへどうぞ!

2018 アイスランド代表 ホーム ユニフォーム 半袖 発表!

2018ロシア大会向けの2018 アイスランド代表 ユニフォームのサプライは前続き、イタリアのスポーツウェアブランドである「Erreà」(エレア)が務めます。

ErreàとKSI(アイスランドサッカー協会)は2018年03月16日、アイスランド代表がロシア・ワールドカップで着用する新ホーム ユニフォームを発表しました。

2018 アイスランド代表 ユニフォームのテーマは「Legends are born without warning」です。

2002年アイスランドサッカー協会と「Erreà」(エレア)を結んでいました。2002年から男女を含めた各世代代表のユニフォームなどキット類はが「Erreà」(エレア)提供しています。

本大会では、アルゼンチン、クロアチア、ナイジェリアという厳しいDグループを戦う。

彼らのホーム ユニフォームがいつも国旗の青を伝統の基調にデザインしています。

新しいユニフォームはアイスランドのユニックな自然環境を触発されたものです。火山と噴水をたくさん持っていることで、大きな氷河の下には、火のような心を含まれています。

青はアイスランドの海と空の色で民族衣装にも取り入れられています。

新ホーム ユニフォームの襟と肩部分は白雪に覆われました。白雪は袖の赤と青の融合で、微妙なデザインで魅力的。この3色はアイスランド国旗色で、青は大西洋、赤は火山、白は氷河を表しています。

 ユニフォームのボディは柔らかい素材を採用して、優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

ユニフォーム側面のメッショ生地を通して、赤いデザインを見えます。

 内側に見える『FYRIR ÍSLAND』は、アイスランド語で「アイスランドのために」という意味があります。『ISLAND』は国名です。

背面の首元にはアイスランドの国旗をバランスよくプリントしています。

2018 フランス代表 ホーム ユニフォーム 半袖 発表!

ナイキとFFF(フランスサッカー連盟)は2018年03月15日、フランス代表がロシア・ワールドカップで着用する新ホーム ユニフォームを発表した。

ナイキは1999年からFFFとオフィシャルサプライヤー契約を締結。フランスサッカー連盟の公式情報によると、ナイキとFFFの契約は今年のロシア・ワールドカップ以降に終わる。

今日は、ナイキが新発表の「2018 フランス代表 ホーム ユニフォーム 半袖」のデザイン、テクノロジーなどについて改めて紹介します。

6月に開幕するロシア・ワールドカップに臨むフランス代表の2018年NIKEニューホームモデルの詳細画像がこちら↓

フランス代表 2018向けの全てのサッカーウェアは文化の多様性を基づいた、モダンな方式で民族の誇りを表現。その象徴は青、白、赤という3色です。フランスの三色旗を連想させる。

彼らのホーム ユニフォームは、ネイビーを基調にスリーブ部分にブルーを配している。肩から袖にかけてのギザギザが「ヴェイパーニット」(Vaporknit)の特徴的なデザイン。

フランス代表 ユニフォーム ホーム 半袖はクラシックなボタンダウンの襟を採用。胸のボタンにはフランス共和国の標語「Liberté」(自由)、「Égalité」(平等)、「Fraternité」(友愛)をエンボス加工しているという。

胸番号は右胸のスウッシュ(Swoosh)下にプリントする。

エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、ユニフォームは空気流量の増加により通気性が向上している。

選手名と背番号のフォントデザインも今回お披露目となった。背番号にはフランスサッカー連盟のエンブレムが入る。

背面の首元にはフランス国旗色のトリコロールをテープであしらっている。襟フランス国土を表現する六角形の中はフランス国民の多様性を賛美する「Nos Differences Nous Unissent」(一人ひとりの違いが我々を団結させる))というメッセージが記されている。

パンツは前続き白で、ソックスが赤です。

ナイキの高級デザインナーであるPete Hoppinsが「フランス人の愛国心を表現する方法は国旗を通じてます。青、白、赤の色合わせで人々を結びつけていることを示したい。」