邦画の歴史について

邦画とは日本映画のことですが、ウィキペディアによると、邦画とは「一般的に日本国内の映画館などで公開されることを前提として、日本国籍を持つ者、あるいは日本の国内法に基づく法人が出資(製作)している映画を指す」ということになっています。

言葉にすると難しいですが、「日本人が日本で作った映画」と思えばわかりやすくなるでしょう。

日本の最初の映画は、鉄砲商人であった高橋信治によって1896年11月、神戸の神港倶楽部に始まったとされています。

これはトーマス・エジソンのキネトスコープによるもので、リュミエール兄弟のシネマトグラフによるスクリーン上映はその後、1897年2月に稲畑勝太郎によって大坂で行われたのが初めての映画です。

邦画、つまり日本映画と言えば「時代劇」になる人もいるのではないでしょうか?

時代劇は日本独自の映画ですから、やはり日本を語る上で他にない作品になるでしょう。

さまざまな監督たちが、これからも素晴らしい時代劇を作り上げていってくれるはずです。